導入事例③

工場用機器の故障予兆を検知
納入後の機器の故障の予兆をメーカーサイドで検知

お困りごと

機械をお客様へ販売した後、製品がどう利用されているかが不明である。


故障が起きてから通報を受けての復旧や部品調達は急を要するため、ダウンタイムが発生し、顧客・メーカーともに時間のロスとなる

TRIBE-bizによる解決

コネクシオのIoTソリューション「予兆検知」テンプレートにより、異音や振動を計測し、製品が壊れる前や部品摩耗の予兆を検知することが可能です。

 

回線(TRIBE-biz)を組み合わせることで、顧客先のネットワークには特に手を加える必要がなく、納入後の機器の状況を遠隔でモニタリングが可能になります。